• 建築

バーディウォール工法とは

バーディウォール構法(※1)は、壁の水平方向の鉄筋を柱に定着させることが不要な鉄筋コンクリート(RC)造耐震壁の新構法です。

※1:RC WALL system without the anchor of horizontal reinforcing BARs for DIEt of 1-process
・差し筋や接合筋などの作業工程が省略できる一打少ない合理化壁構法です
・本構法は室蘭工業大学大学院 荒井康幸教授,溝口光男教授との共同研究により開発しました

バーディウォール構法の特徴

  1. 耐震壁の工事を後で施工することもできるため、耐震性に優れたRC耐震壁を配した建物を短工期で実現します。
  2. 柱と壁板の間に横筋が貫通していないため、壁板の収縮ひび割れが緩和され、耐久性と美観に優れた建物を提供します。
  3. RC耐震壁のプレキャスト化が容易となるため、躯体のフルプレキャストによる超短工期施工も可能になります。

バーディウォール構法の用途

●物流施設
●集合住宅
●既存建物の耐震補強(鉄筋コンクリート造,鉄骨鉄筋コンクリート造,鉄骨造)

BARDIE01
●性能確認構造実験状況

バーディウォールの施工手順例

●ミック構法(柱RC梁S構法)に適用する場合

BARDIE02

●フル・プレキャスト工法の場合

BARDIE03

技術テーマ