• 土木

スペーストラス橋とは

コンクリート床版に3次元の鋼トラスを合成した橋で、軽量化が図れます。

中規模高架橋の例
中規模高架橋の例
斜張橋の例
斜張橋の例

特徴

  • 上床版のみがコンクリートであるため、同規模のコンクリート構造に比べて重量を約40%低減できます。
  • トラスに作用するせん断力を、斜材で吊るかコンクリート部を増やすことでコントロールするため、中小規模の桁橋から長大斜張橋まで接合部のディテールを統一できます。
  • トラスの高さを工場から運搬できる3m 以下にすることにより、現場での部材組み立てをなくすことができます。
  • 下弦材を鋼製とすることでコンクリートの逆打ちとなる接合部がなく、耐久性が向上します。

構造

中規模高架橋、複合桁橋、エクストラドーズド橋、斜張橋などに適用可能です。

施工

施工法は、小規模橋には固定支保工工法、大規模橋には張出し工法などが適用できます。

実施例

SBSリンクウェイブリッジ
SBSリンクウェイブリッジ
住友ベークライトシンガポール内の歩道橋に適用
【SBSリンクウェイブリッジ】
架橋位置:シンガポール
橋長:154.5m
最大支間:58.0m
完成年:1996年

使用用途