• 建築

ZEBとは

建築物(事務所、学校、病院、ホテル等)でのエネルギー消費を極⼒抑え、災害時でもエネルギー的に⾃⽴した建築物として、ZEBが注⽬されており、我が国では、「エネルギー基本計画(2014年4⽉閣議決定)」において、ZEBの実現・普及⽬標が設定されています。

  • 2020年までに、新築公共建築物等でZEBを実現
  • 2030年までに、新築建築物の平均でZEBを実現

経済産業省資源エネルギー庁の主導のもと、有識者で構成される「ZEBロードマップ検討委員会」では、ZEBは以下の
ように定義されています。

  • 建築計画的な⼿法(パッシブ⼿法)を最⼤限に活⽤しつつ、建築外⽪を⾼度化した上で、設備の効率化を重ね合わせることで、設計段階において省エネ基準よりも50%以上の省エネがはかられたもの: ZEB Ready
  • ZEB Ready を満たした上で、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、
    正味で75%以上の省エネを達成したもの: Nearly ZEB
    正味で100%以上の省エネを達成したもの: ZEB(net-ZEB)

三井住友建設のZEBコンサルティング

これまでの省エネ建築に携わってきた経験を活かし、ZEBの「計画・設計・施⼯・検証」を対象としたコンサルティングをワン
ストップで提供します。

主なプランニング実績

名称:A食品物流センター
用途:事務所等
⼀次エネルギー削減率:52.0%(創エネ含まず)
ZEBランク:ZEB Ready

使用用途

技術テーマ